teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ホッとしました

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月17日(日)15時56分35秒
返信・引用 編集済
   今日は地域の地区センターで趣味の発表会がありました。管理人が参加するウクレレサークルも毎年出演している発表会で、ウクレレサークルの一大イベントです。出演するサークルが多いため持ち時間は20分と短く、5曲演奏するのがやっとでした。

 演奏の出来は手前味噌ながら「上出来の部類」でした。細かいミスを指摘すれば限がありませんが、流れを断ち切るような大きなミスもなく、10人全員が楽しく演奏出来たことを最大限に評価しました。平均年齢は75歳を超える高齢者のサークルですから、それを考えると十分な結果でした。
 今年になって講師まがいの立場になってしまった管理人、ホッと胸をなで下ろすことが出来ました。

 写真は緊張しながら開演を待つステージ上の風景(合成)です。

 今日はこれから頑張った管理人の慰労を兼ねて家族で焼肉店に行きます。もちろん廉価店の食べ放題飲み放題コースです。血圧と血糖値が上がるのは覚悟の上です。

 したっけね~
 
 

ネット張り作業終了しました

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月15日(金)16時27分2秒
返信・引用 編集済
   今日は畑へ行ってキュウリ、モロッコ、インゲンのネット張りを行いました。

 マイ農園に行く途中に眺めた近郊の山々、これ以上ないというほど空気が澄み切っていて、スカイラインが歌舞伎の隈取りのようにくっきりと浮いて見えました。今日山に登っている人は最高の眺望を得られたことでしょう。

さて、ネット張り作業は顔を上に向けての作業ですから長時間になると首を痛めます。一昨年も首を痛めて半年間も病院に通いました。そんなことで今回は首に負担のかかる紐での結束作業はしないで、プラ支柱の専用金具と「ケーブルタイ」と呼ばれる結束バンドで支柱を固定しました。

 強度のほどは分かりませんが、作業自体はかなり軽減されました。最低限、台風並みの強風に耐えられるだけの強度があれば良いのですが、ツルが本格的に絡まり出すと風への抵抗も強くなりますから、縦、横と補強の支柱を加えました。


 先日、種の追い蒔きしたトウキビと枝豆ですが、一昨日までの低温と大雨で芽が出るかどうか不安です。悪い時に蒔いたもので、後でもう少し天気予報を調べてから蒔けば良かったと思いましたが、その時々でベストの判断が出来ないのが素人の悲しさなんですね。

 写真は今日張ったネットです。やはりネットの眼がきれいなダイヤ模様になりません。ツルの絡まり具合には関係ありませんが、作業の美的満足度としては80点ぐらいです(かなり大甘!です)。

 したっけね~
 

藻岩山・小林峠コースを歩く

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月11日(月)17時20分40秒
返信・引用 編集済
   今朝の天気予報は梅雨前線の北上で今晩から雨模様になり、明日一日は雨が降り続くという内容でした。

 今週は忙しいので今日を逃すと来週まで山歩きが出来ません。そんなことで曇り空ですが、日中は雨が降らないという予報なので急きょ近場(でもないか)の藻岩山を歩いて来ました。

 選んだコースは小林峠コース。その目的は「フデリンドウ」を探し見ることです。単独で咲く小さい花なので見つけるのは至難の業です。
 登山道脇を目を皿のようにして探しながら歩きましたが、とうとう見つけることは出来ませんでした。時期が少し遅かったのかも知れません。

 小林峠コースは藻岩山に登る5つのコースで最長ですが、急斜面もなく、考えごとをしながら歩くには最適です。今日は少なくなった花を楽しみながらも、バンドやウクレレのことを考えながらゆっくりと歩きました。小林峠から山頂まで丁度2時間、風が強く少し肌寒いくらいでしたが、人もいなく虫もいなくて快適な歩きを楽しむことが出来ました。

 山頂は薄いガスに包まれて、薄っすらと市街地が見える程度の眺望でした。レストハウスの展望台に人影が見られないのは、人気の山・藻岩山としては珍しいことだと思いました。

 フデリンドウを見つけた小林峠コースの山行記録は
http://www5a.biglobe.ne.jp/~yahho/moiwayama%202016%205%2018.htm
  です。

 写真は登山道脇に咲いていた花の一部です。 したっけね~
 

発芽率と追い蒔き

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月10日(日)17時24分13秒
返信・引用
   マイ農園の可愛い新芽の枝豆とトウキビですが、やはり心配していた発芽率が良くありません。枝豆で70%、トウキビで80%ぐらいでしょうか。
 これ以上待っても芽が出る可能性がありませんから、新たに種を買って追い蒔きをしました。

 インゲン豆やモロッコ豆は間引きするのが可哀そうなぐらい発芽します。たぶん100%の発芽率でしょう。同じ豆類でも枝豆の発芽率を上げるのは難しいものです。

 ネットで調べると発芽率の低い原因は様々あるようです。どれもこれもが当てはまるようで原因を特定することが出来ません。

 これなら最初から間引き覚悟で余分に蒔いておけば良かったと思いますが、芽が出ないことを想定しての種蒔きは楽しくありませんから通常の蒔き方をしました。トウキビも同様ですから、来年は楽しくなくても追い蒔きをしないで済む方法を考えるしかないようです。

 写真上は間引きを済ませたインゲンとモロッコです。どちらも「ツル有り」ですからそろそろ支柱を立ててネットを張らなければなりません。下は発芽率100%の「二十日ダイコン」です。これからどんどん間引きをしなければなりません。


 今週末はウクレレサークルの発表会があって何かと忙しい週になります。頭の中でオタマジャクシがうじょうじょ泳いでいる感じです。楽譜を見て目から脳へ、脳から指先へと信号が軽快に伝われば良いのですが、たまにどこかでブレーキが掛かってしまうのが心配です。

 あ~、のんびりと山でも歩きたい気分です。したっけね~
 

ついてない日はこんなもの

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月 9日(土)12時27分22秒
返信・引用
   昨夜は雨の中、よさこい祭りを見物しました。結構な雨脚だったので断念しようかと思いましたが、せっかく娘が用意してくれた高いチケットを無駄にしたくなかったので、3人で会場がある大通公園に向かいました。

 見物会場では傘を差せないので、ビニール製のザックに山用のレインスーツを入れて出掛けました。

 それにしても大変な一日でした。不運なことが重なる時はあるもので、そのスタートは所用で寄ったスーパーで起きました。
 妻が駐車場で不用意に車をバックさせ、直進して来た車の進行を妨げたのです。見るからに暴走族仕様の車で中はまったく見えません。進行を邪魔されて怒ったのか空アクセルを踏んで駐車場にエンジン音を響き渡らせました。しばらく膠着状態が続いた後その車は去りましたが、妻の恐怖心はしばらく収まりませんでした。

 その次は会場入りする前に夕食をと思って入った中華料理店。想像以上の混雑ぶりでしたが、まだ時間に余裕があるので入ることにしました。
 注文を聞かれてから2階に案内されましたが、30分を過ぎても料理が届きません。「きっと宴会客も大勢いるので忙しいのだろう」と、もう少し様子を見ることにしました。
 その間、店の従業員は客席の間を頻繁に行き来しています。50分を過ぎたあたりで、さすがに不安を覚え、若い従業員に「こちらの料理はまだですか?」と聞きました。従業員が首を傾げながら下に降りて行くと、すぐにホール責任者?のような女性と厨房責任者が上がって来て、「大変申し訳ありません!」と頭を下げたのです。何のことはなく、こちらの注文を忘れていたのです。「これから急いで作ります」と言われましたが、開演時間も過ぎているので店を出ることにしました。

 店を出た後、3人で「これだけ待たされたのに、文句ひとつも言わないで店を出るなんて上客だね」と笑い合いましたが、「でも50分もの間何も聞かないなんて、聞かない方がおかしいんじゃない」との娘のひと言に返す言葉もありませんでした。

 雨の中の「よさこいナイト」、少しは空席が出来ているかと思いましたが、ほぼ満席状態で熱気に包まれていました。水が溜まる程のステージですから踊る方も大変です。激しいパフォーマンスの中での転倒もありましたが、降雨の中でのステージだと感じさせない勢いがありました。

 ステージが終わった後、娘は迎えに来た旦那さんと帰ったので、妻と二人で回転寿司で遅くなった夕食を取ることにしました。
 今の回転寿司店はほとんどがモニターを使用しての注文です。席について熱いお茶をすすりながら注文を始めましたが、到着を知らせるアナウンス音が流れるだけで寿司は届きません。
 どうもおかしいと少し先の離れたテーブルを見ると、こちらが注文した寿司をことごとく取り上げているのです。もちろん悪気があってのことではなく、回転寿司店のルールを知らなかったのでしょう。
 仕方ないので店員さんを呼んで、注文した寿司を持って来てもらうことにしました。「寿司の好みが一緒だったのかねぇ~」と笑い合いましたが、最後まで不運の続いた一日を象徴する些細な出来事でした。

 写真はステージで熱演するよさこいチームの皆さんです。しょぼいスマホで撮ったのでピントが合っていません。雰囲気だけでも楽しんで下さい。

 したっけね~
 

やっと終わりました

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月 6日(水)10時54分10秒
返信・引用
   毎日のように少しづつ作業を進めていたホームページのファイル整理がやっと終わりました。

 山歩きの記録が増えるにつれてプロバイザーとのホームページ容量の契約を更新して来ましたが、さすがにこれ以上は経済的負担が大きくなるのでシェープアップすることにしました。

 ホームページ容量無制限のプロバイザーもあるのでそちらへの移転も考えましたが、メールアドレスの変更など面倒な手続きもあるので、不満ながら今のプロバイザーを継続することにしました。

 先ずホームページから削除したのは近郊の山など、毎年のように登っている山の記録です。その他にも回数の多い大雪山の黒岳、赤岳、白雲岳などもかなり削除しました。
 残したのは初めて登った山、印象に残った山、心に残る山歩きなどです。

 新たにブログでの山歩き記録掲載も考えましたが、当面は今の掲示板を併用したスタイルで行くことにしました。
 プロバイザーが容量無制限になればすべての記録を掲載出来るように、削除したファイルは保存しておきました。


 すべての山歩きが印象深い訳ではありませんが、記録を見直すとその時々の記憶が呼び起こされます。最近は物忘れが進んで来たせいか、記録を見ないと何年前に登ったのかも分かりません。
 すべての山歩きをノートに残している訳ではありませんから、このホームページを確認しながら次の山歩きを考える時もあります。

 そんな自己中心的なホームページですが、訪問してくれる皆さんの時間つぶしになれば幸いと思っています。今後も宜しくお願い致します。

 したっけね~
 

芽が出始めました

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月 4日(月)12時10分29秒
返信・引用
   今日の最高気温は30度を超えるとのこと。しばらく水やりをしていない畑が心配になって畑へ行って来ました。

 今年は丈夫な根を張らせるために(熟達者の話では、あまり水をやると根が自分から水を求めて伸びようとしないので、浅い根張りになってしまうとのこと)、あまり水やりをしないと決めていましたが、明日以降も好天が続くというので最低限の水やりを行いました。

 それにしても畑の上は暑いものです。気温は27度くらいだというのに、体感気温はゆうに30度を超えていました。水やりと草削りの軽い作業でもたっぷりと汗を掻いてしまいました。

 発芽を心配していた豆類やトウキビも徐々に顔を出して来ました。発芽率100%は無理だとしても、せめて80%程度になって欲しいものです。

 写真上はインゲン、中は枝豆、下はトウキビの新芽です。産まれ立ての赤ちゃんを見るようで可愛いものです。

 したっけね~
 

好天銭天

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月29日(火)20時59分45秒
返信・引用 編集済
   家庭菜園も一段落したので、今日は銭函天狗山を歩いて来ました。ニリンソウロードが見られる花の時期は終わりましたが、雪解けの遅かった沢斜面にはわずかにニリンソウが咲いていました。

 登り1時間少々の山ですが、腰を痛めている管理人にとっては厳し過ぎる急斜面でした。残り少なくなったニリンソウの中から希少なミドリニリンソウを求めてゆっくりゆっくり登りました。

 しかし23度まで気温が上がったこの日、ゆっくり歩きでも額から汗が滴り落ちて来ました。汗だくになって登った山頂、絶壁の岩の上に腰かけての休憩は本当に気持ちの良いものでした。

 好天過ぎるための空気のもやり、それでも石狩湾の向こうに雪の多く残る暑寒別の山並みを望めたことは望外の喜びでした。

 写真上はやっと見つけたミドリニリンソウ。あまりぱっとしませんが、今日はこの一輪だけでした。中は岩陰からパッと飛び立った鳥。珍しい鳥かと激写しましたがカラスでした。下は絶壁の上でくつろぐ管理人です。真下を見ると気絶しそうです。

 何とか腰の痛みと花粉症に悩まされている管理人、バンテリンと点鼻薬で乗り切るしかありません。

 したっけね~
 

一段落しました

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月27日(日)17時21分12秒
返信・引用 編集済
   今日は妻と娘という強力?な援軍を得て、畑作業を行いました。

 昨日のうちに買い揃えたナス、キュウリ、トマト等の苗を持って畑へ向かいました。今日は妻が用意した昼食弁当があるので長期戦覚悟です。

 口は出すが手はあまり出さない妻と違って娘の方は戦力になります。少し風があったのでトンネルのビニール張り等は助手(娘)がいると大助かりでした。

 前日に敷設していたマルチに植え込むナスの苗が足りなくなったので、種や苗を専門に販売している店まで買い足しに行きました。そんなこともあって予想以上に時間が掛かってしまいましたが、何とか畑作業の前半戦に一区切りを付けることが出来ました。

 これからはトウキビや枝豆等の発芽状況を見守ったり、雑草の刈り取りが主な仕事になります。毎年悩まされる鳥獣被害にも気を配らなければなりません。

 家庭菜園を始めて10年以上が経ちましたが、一向に上達する気配がありません。それだけ野菜作りの奥が深いのか、それとも管理人に能力がないのかのどちらかでしょう。それすらも分からず続けているのもひとつの才能?だと自分を慰めるしかありません。

 今日、マイ農園から眺めた札幌近郊の山々、もうほとんどの山から雪が消えていました。畑も一段落したので、そろそろどこかの山を歩いて見たいものです。

 写真は今日のマイ農園でのスナップです。したっけね~
 

腰が痛い!

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月25日(金)22時16分35秒
返信・引用
   今日は昼から雨が降るというので、午前中に畑に行って作業をしました。

 雨が降り出したら作業は中止と考えていましたが、正午を過ぎても一向に雨が降り出す気配がありません。結局、作業が一区切りするまで働きました。

 先ずはトラクターで耕うんされた畑も日が経って固くなり始めたのでスコップで掘り返し、レーキで細かくしました。後日マルチを敷設するための畝を数本作り、マルチを敷かない畝にインゲンやモロッコ、二十日大根の種を蒔きました。

 今日は風もあって肌寒いぐらいでしたが、身体を動かしていると丁度良い気温に感じました。調子に乗って働いたせいか、普段から調子の良くない腰が悲鳴を上げてしまいました。
 ぎっくり腰まで行きませんが、立ち上がる時にそれなりの痛みを感じるようになってしまいました。

 それでも明日はマルチの敷設、明後日は苗物の移植を予定しています。6,7,8月とウクレレやバンドの演奏依頼が入っていますから、今ここで腰を痛めて寝込む訳には行きません。
 様子を見ながら休み休み作業をしたいと思います。でも一度作業を始めたら止まらなくなる性格ですから、気がついたら畑でもん絶しているかも・・・。

 写真上は今日の作業が終わったマイ農園です。3分の1ほどの作業ですが4時間も掛かりました。下は今が満開の我が家の牡丹です。年々花の数が増えているようです。

 したっけね~
 

暑かった!

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月23日(水)10時29分15秒
返信・引用 編集済
   昨日は気温が27度まで上がる炎天下?の中(ほとんど無風状態だったので畑での体感気温は30度以上でした)、枝豆とトウキビの種蒔きをしました。

 昼食休憩を挟んでの5時間、ゆっくりゆっくり作業しました。狭い畑なのに何故そんなにも時間が掛かるのか不思議でしょうが、腰回りの筋肉や背筋が固く、無理をすると腰を痛めてしまいそうな状態であること、そして化成肥料を根が成長したころに届く位置に深く撒いたことが時間のかかった原因でした。

 汗がしたたり落ちる中、魔法瓶に入れてきた冷たいスポドリを飲むのが唯一の楽しみでした。もっと涼しい、楽な時間帯に行えば良さそうなものですが、諸般の事情(それについては後日説明します)でそれが出来ませんでした。


 一昨日はウクレレ仲間5人と大通公園で開かれている「ライラックまつり」に行って来ました。咲き誇るライラックを愛でるのが目的ではなく、7丁目で開かれている「ワインガーデン」でワインを楽しむのが目的です。ふだん家で飲んでいる安物のワインとは違った味を楽しめるかと思いましたが、悲しいかなワインに対しては味オンチの管理人、大した違いも分からずただ量を流し込むだけでした。

 酒好きのメンバーですからこれだけで収まる筈がありません。ほろ酔い気分でススキノに繰り出しました。目的場所の店は運悪く休日や閉店で入れず、仕方なくコピーバンドがライブを行っている店でたんまりと酒にあり付きました。やはりワインだけでは飲んだ気分にならないのが酒飲みなんですね。

 写真上は大通公園のライラックです。下で遊んでいた子供が入れば良い画になるのでしょうが、そんなアングルを探す時間がありませんでした。中はワインを楽しむ管理人です。周りを見ると意外にも若い女性たちの姿が多いのに驚きました。下は枝豆とトウキビの種蒔きを終えたマイ農園です。

 今日はこれからウクレレサークルの練習です。発表会まであとわずか、どうやって完成度を高めるかが指導する管理人の悩みです。

 したっけね~
 

新しい道の駅

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月19日(土)11時08分31秒
返信・引用 編集済
   昨日は妻と娘と連れ立って、今年の春からオープンした「道の駅・あいろーど厚田」へ行って来ました。
 本当の目的は厚田漁港の「朝市」での買い物です。昼近くになっても開いている店で「たこ足」や「ニシンの丸干し」、「めざし」等を買い入れました。

 新しい道の駅はゴールデンウィーク中の人気スポットだったようで、「駐車場への待ち時間が2時間」とか「渋滞が9キロ」等と騒がれていたので行く気も起きませんでした。しかし、もうそろそろ押し寄せる人波も落ち着くころだろうし、何よりも昨日は平日で雨降りです。買い物ついでに寄らない手はありません。やはり思った通り並ぶこともなくすんなりと駐車場に入ることが出来ました。

 思っていた以上に内部は立派で、エスカレーターやエレベーターが設置されていました。2階には石狩・厚田・浜益の歴史を紹介したコーナーがあり、縁のある「子母澤寛」や「戸田城聖」、「三岸好太郎」等の資料が展示されていました。

 3階ラウンジからの眺めも良く、天気が良ければ素晴らしい光景が楽しめそうでした。ただ残念なのは食べ物が少し高いかなという印象(札幌の街中と変わらない)を受けました。薄利多売を期待出来ないことは分かりますが、家族連れが気軽に昼食を取れるような低価格の食べ物もあれば喜ばれると思いました。

 帰りに桜の名所「戸田霊園」に寄って見ました。時期も過ぎ、散っているのは覚悟していましたが、案の定、ほとんど葉桜状態で、路面に散った花びらの数の方が多かったようです。
 雨降りのお陰で花粉症の症状も軽く、快適なドライブを楽しむことが出来ました。


 写真上は朝市前から見た厚田漁港、中は新道の駅「あいろーど厚田」、下は雨に濡れた戸田霊園の桜です。

 したっけね~

 

風薫る五月

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月12日(土)16時47分12秒
返信・引用 編集済
   今日は平岡公園の梅林が見ごろを迎えたというので、妻と連れ立って梅を楽しんで来ました。

 週末で梅の時期も好し、天候も好し、ということで公園の駐車場前は見物客の車で渋滞していました。仕方なく臨時の駐車場へ向かいましたが、こちらの方が梅林に近いので結果オーライでした。

 満開の梅の下でお弁当を広げ、まったりとした時間を過ごしました。これで静かなら大満足なのですが、梅の下は人・人・人の大混雑ですから、当然うるささは半端ではありませんでした。

 それでも小さな子どもたちが嬉々として走り回る姿は平和そのもので楽しいものです。大の大人がうるさいなどと文句を言うものではありませんでした。

 そよ風に乗って漂って来る梅の香、ほんのりと甘い匂いは媚薬(使ったことはありませんが・・・)のようです。まさに風薫る五月、十分に梅林の素晴らしさを堪能して帰って来ました。

 写真は梅林のスナップです。売店のソフトクリームを求めて長蛇の列が出来ていました。

 したっけね~
 

硬石山と拾得物

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時42分34秒
返信・引用 編集済
   今日は札幌の南区にある硬石山(かたいしやま)を歩いて来ました。

 当初の予定では春香山でしたが、窓から見る手稲山方面は厚い雲に覆われていました。
 これでは山頂から石狩湾を眺めることが出来ません。そんなことでネットで夏道があることを知った硬石山に急きょ変更しました。最近、登山道の手入れも終わったようで、それなりの人たちが登っているようでした。

 朝、ちょうど出勤時間の息子を乗せて家を出ました。幹線道路が混みあう出勤時に札幌の中心部を抜けるのは大変です。それでも何とか予定していた時間に登山口に着くことが出来ました。


 初めて登る山ですからコースが書かれた地図を持参しました。今回は時計回りに歩くつもりですから「西回りコース」を進みました。

 歩きだして間もなく小沢横の木陰に隠すように放置されたザック2個を発見しました。濡れ具合の状況から見て2~3日は経っていそうです。置き忘れなのか盗品の処分なのか分かりませんが、これから登り始めるのに手を付ける訳には行きません。

 ザックを放置したまま開削された急坂を登りました。想像以上の急坂でジグも切っていませんから息が上がります。やっと最高点かと思ったらまだ稜線で、そこから何度かのアップダウンでやっと最高点に着きました。

 三角点のある山頂へは稜線を一度下ってから登り返します。稜線の途中に大きなミズナラの木が登山道を塞ぐように枝を広げていました。三角点からは展望が得られず、少し先の見晴台から眺望を楽しみました。眼下は大きくえぐられた採石場で、その先に南区の街並みが望まれました。

 下りは良く踏まれた登山道のようで、快適に下ることが出来ました。


 登山口に戻ってから、再度ザックのある場所まで行き、水を吸って重い(重い筈で、交番での検分でシャツ類が10枚以上入っているのが分かりました)ザックを車まで運び、最寄りの交番に届けました。

 拾得場所や時間の確認、ザックの中身の確認で小一時間費やされました。警察官の話では紛失した人が大事な中身が無くなっていると騒ぐ人もいるそうで、拾得した人が疑われるケースもあるとのことでした。わざわざ届け出て疑われるのでは堪りませんから、中身の確認にも付き合わざるを得ませんでした。


 思ったよりも交番での時間が長かったので、下山後に予定していた小金湯温泉での入浴は中止にしました。色々あって山歩きの印象が薄れてしまった今日の硬石山でした。

 写真上は発見時のザック2個、たっぷりと水を吸っていました。中は稜線上の大きなミズナラと管理人です。下は桜の舞い散った登山道です。

 したっけね~
 

肥料を撒いて

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 4日(金)14時25分31秒
返信・引用 編集済
   今日は雨模様の合間を縫って妻と畑に行って来ました。昨日の雨でまだ土は湿っていますが、明日からまた雨が続くというので、急きょ肥料を撒いて来ました。

 今年は牛ふんや鶏ふんを使わず、いつも追肥に使っている化成肥料「8・8・8」を撒きました。一緒に苦土石灰も撒き、最後にレーキで均しながら耕うんによって土中に紛れ込んだ雑草の根を取り除きました。

 しばらく時間をおいてから畝を作って種蒔きや苗植えをします。少し落ち着いたのでどこの山を歩こうかと思案中です。

 写真は作業が終了したマイ農園です。したっけね~
 

先ずは水入りです

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 5月 2日(水)14時15分42秒
返信・引用
   今日あたりからマイ農園に石灰や肥料を撒こうと予定していましたが、天気予報は曇りのち雨の下り坂です。
 気温も予想以上に下がっているので、これらの作業は天候が回復してから行うことにしました。

 山と同じで「畑は逃げません」から、気の向いた時に作業を行えば良いのです。それでも種や肥料は必要ですから、これからホームセンターに買い出しに行きます。

 写真上はトラクターに耕うんされた畑です。真ん中あたりがマイ農園になります。下は畑の脇に植えてあるアイヌネギです。昨日、育ちの良いところを採って酒の肴にしました。味付けはバター、醤油、砂糖のみです。独特の香りと甘さが何とも言えません。

 したっけね~
 

ゴールデンウィーク

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月30日(月)10時13分9秒
返信・引用 編集済
   今年のゴールデンウィークは朝鮮半島南北の両首脳が38度線を跨いで会談するという、何とも歴史的な出来事と並行してスタートしました。

 もはやニュース報道もこの会談一色で、「もりかけ問題」「自衛隊日報隠ぺい問題」「財務省公文書改ざん問題」「セクハラ問題」などは遠い昔のような扱いです。

 そんな世の出来事にはまったく関係なく、暇な管理人のゴールデンウィークがスタートしました。
 スタートしたと言ってもこれまでの生活と何も変わらないのですが、昨日は行楽日和ということもあって、行楽客で賑わう小樽の街へ繰り出しました。

 同行はいつものように妻と義兄夫婦です。目的は若鳥のから揚げで有名な店「なると」で食事をすることです。
 行列覚悟で出掛けましたが、案の定、昼時を大きく過ぎているというのにも関わらず大行列が出来ていました。やっと入店しても店内は大混雑、店員さんが揚げ立ての若鳥をお盆に乗せて走り回っていました。

 感心したのは数多い中国からの観光客に、店員さんがジェスチャー交じりでテキパキと対応していたこと。アジアでも有名な観光地小樽ですから、店員さんも慣れているのでしょうね。

 満腹になった後は腹ごなしのために街を散策しました。歴史的なのか廃墟寸前なのか判然としない建物を眺めたり、満開になった桜を愛でたりしながら観光客とは少し離れて街中を歩き回りました。

 帰りは札幌でスイーツタイムです。あまり甘い物に関心がない管理人ですが、有名店のプリンとコーヒーを美味しく頂きました。やはり甘い物は別腹のようです。

 写真上は「なると」の店の前で写真に納まる妻たち。まるで少女?のようです。中は鉄道史跡内の満開になった桜です。下は歴史的?と思われる建物です。

 ゴールデンウィークの後半は畑作業が中心になりそうです。 したっけね~
 

営業が主目的でした

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月26日(木)10時49分12秒
返信・引用
   昨日のウクレレサークルの練習にテレビ取材が入りました。各地域で活動する各種サークルの取材だそうです。本格的なテレビカメラを前にしてメンバー全員、緊張の面持ちでした。

 練習風景から撮影が始まり、ボランティア演奏時と同様のアロハシャツ姿での演奏も撮影しました。
最後に複数人にインタビューし、撮り直しもなく無事に終了しました。

 取材に入ったのは「J:COM TV(テレビ)」、放映されるのは6月以降と言うことですから取材されたことも忘れてしまいそうです。
撮影された映像をテレビで視聴するには契約(有料)が必要のこと、カメラマンも正直に「(撮影取材は)それが目的です」と答えてくれました。

 「何だ、営業目的かい!」と思いながらも、感じの良いカメラマンと助手(女性)さんのお陰で緊張感のある練習をすることが出来ました。

 こんな経験もたまには良いものです。写真は撮影のためにアタフタしているメンバーと、カメラをセットするカメラマンです。

 したっけね~
 

今年初めての畑作業

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月24日(火)14時17分10秒
返信・引用
   昨日は午後から今年初めての畑作業に行って来ました。

 畑作業と言ってもトラクターで耕うんしてもらうための前準備です。トラクターでは粉砕出来ない堅いトウキビやナスの根を穴に埋めるために深い穴を掘りました。
 表土になっている腐葉土の下は硬めの粘土質ですから、穴を掘る作業だけで腰が痛くなり、早々とギブアップしました。

 こんなところでギックリ腰になっては敵いませんから、埋め込み作業は後日に先送りました。

 写真上はまだ手付かずのマイ農園、下は掘り終えた穴です。まるで西部劇に出てくる墓穴のようです。


 今日はこれからOB会総会を終えた役員会の慰労会です。飲み放題コースですが、明日はウクレレサークルのテレビ取材があるので、ほどほどに切り上げて来ます。

 したっけね~
 

美比内山から大沼山へ

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月23日(月)11時25分0秒
返信・引用
   昨日は今年最後の雪山歩きと、美比内山から大沼山へと歩いて来ました。

 管理人、定山渓方面の冬山は国際スキー場近辺のみで、今回のように豊羽鉱山をスタートする雪山は初めてです。と言うのも豊羽鉱山への道は狭くうねっていて、夏でも緊張する運転を余儀なくされます。そんなことで意識の中から外されていたのです。

 好天が続いたせいで定山渓温泉近辺の山々は驚くほど雪解けが進んでいました。美比内山への尾根に雪が残っているか心配でしたが、スタート地点辺りで木の根が出ているところもありましたが、尾根に上がるとまだたっぷりと雪が残っていました。

 7時過ぎだというのに早くも腐れ雪です。でも美比内山への急登ではこの腐れ雪に助けられました。シバレた固い雪では6本爪アイゼンでは不安ですし、ピッケルも必要になります。

 条件が悪ければ美比内山で引き返す予定でしたが、天候は明るい曇り空で、風もあまりありません。大沼山へと続く尾根を見ながら、時間的に余裕もあるので縦走することを決めました。大沼山の登山口が車を停めた地点に近いことも決めた理由の一つでした。

 静かな一人旅、冬眠から覚めたクマさんが近くを闊歩していないか不安でしたが、見通しの良い明るい雪の尾根道だと思って歩き始めました。

 トレースもほとんど消えていた尾根道、ルートを探しながら進みました。大きなポコ前で進路を探っていると、突然大きなエンジン音が聞こえて来ました。後ろから大型スノーモービルが5台、猛スピードで迫って来ました。あっという間に管理人を追い抜き、強烈なオイル臭が残った白煙を撒き散らして消えて行きました。
 大沼山までそんなことが3度も繰り返されました。お陰でクマの心配は無くなりましたが、静かな山歩きは台無しになりました。

 スノーモービルのトレール跡を歩くのは悔しいのですが、大沼山への方向が同じなので仕方ありませんでした。

 大沼山へ着いた時にはご夫婦一組だけが残っていました。足跡を見る限りでは何組かが登っていたのだと判断されました。スノーモービルも引き上げたようで、元の静かな山頂に戻っていました。

 帰りは持って来た子供用の「尻滑りボード」で急斜面の尻滑りを楽しみました。お陰でお尻はベチャベチャに濡れましたが、童心の気分に戻ることが出来ました。

 終始、太陽が顔を出すこともない穏やかな曇り空でしたが、遠くまでの眺望は良く、札幌近郊の山々は勿論のこと、ニセコや積丹方面までもを楽しむことが出来ました。


 帰りに何時ものように小金湯温泉「まつの湯」で汗を洗い流し、露天風呂で身体を温めました。

 写真上は美比内山から大沼山へと続く尾根道。奥に大きな無意根山が見えます。中は爆音を出して疾走するスノーモービル。下は大沼山でのスナップです。

 したっけね~
 

レンタル掲示板
/91