teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/342 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

相続税-2

 投稿者:村の鎮守  投稿日:2019年 5月25日(土)21時55分15秒
  通報
  不動産(家屋、土地など)を 法人名義に 変更する場合 個人が一人で全株を 保有している法人場合は あまり 節税メリットはありませんから、不動産「非」或いは 個人がたいして保有してない法人の内は 株の評価は低いですから 低い内に 株を 相続人に 持たせます。そうしますと 株主は 二人以上に なり 一人当たりの 持ち分は 当然 減ります。そうしてから 不動産を 会社に 路線価で 売却します。ただし、相続税法では 「相続が発生」した時の会社の土地の評価は 個人相続と同じ 会社の貸借対照表上の価格ではなく「路線価」で評価します。しかし、株主が 分散していれば 「死亡した株主分だけ」が 相続税の対象になりますから、既に 父親と母親と 長男が 1:1:1で株を保有していれば 父親個人一人で 不動産保有状態で相続が 発生した場合に 比べ 大幅な 相続税節約になり 相続が発生し 相続税の為に 土地を手放さなければならない状態からは 解放される可能性は低くなり 後々の 相続紛争も 発生する可能性は グット 少なくなります。        
 
》記事一覧表示

新着順:8/342 《前のページ | 次のページ》
/342