teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ぷり~ず!

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 9月22日(火)21時54分44秒
返信・引用
  Give me みゅーじっ~~~~くぅ!
ぷり~~~~~~~~ず!

 まあ一番は下書きでもなんでも形にしてくれることですが・・・

ぎぶーみーちょこれーと!
 
 

(無題)

 投稿者:輝絽リスト  投稿日:2009年 8月11日(火)21時49分19秒
返信・引用
   とりあえず、いらないものを処分しようと車庫へ……
 これで少しは部屋も……
 あ、あれ?
 ま、まだ山が崩れない……
 かろうじて歩けるようになったぐらいで、あまり片付いた気がしません
 もう少し減らす必要があるようです……
 

そろばんの日!

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 8月 8日(土)02時41分21秒
返信・引用
   ホラーですね・・・
震度5で、好きなものに囲まれて圧死できるだなんて・・・
資料集なんて、頭に落ちれば脳挫傷・・・腹に落ちれば内臓破裂・・・

 ん?ファンタジーですか。
エロゲー的には腹上死じゃないですか?無機物だと成立しないのか!

 整理整頓といっても収納スペースより多いから
そうなったのでしょうし・・・捨てるか処分しない限り・・・
片付けるというのは文字通り始末することなんですかねえ?
時代劇の悪代官のように。
 

責任問題

 投稿者:輝絽リスト  投稿日:2009年 8月 8日(土)00時23分44秒
返信・引用
   ……それでも……
 人様を通せる部屋であるだけ、マシ……なのかも……
 しかしそれは私自身の問題……というか責任……
 はぁ……
 はい。
 片付けます……
 

悲劇的なことに・・・

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 7月31日(金)04時54分43秒
返信・引用
   もう七月も終わり・・・か。はええなあ・・・

 姿形の造型はもちろんだけれど、
結局のところ、人はその表情に惹かれるものだ・・・と。
そりゃあ、どんな美少女や美男子であろうと
ブスッと仏頂面していれば好感を抱くのはむずかしいものですから。

 だからこそ、同人とはいえ作品にも表情くらいはつけたいのですが、
たとえば、喘いだ顔なんかで、半目開きにしたりすると
ただでさえ似ていない作品が更にひどいことに・・・なるわけです。

 そうすると、その程度のレベルの書き手の
考えることはいっしょなんでしょうか?
アヤナミさんだとか、ナガトさんだとか無表情系の・・・
流行り廃りはもちろんですが、そういう面もあるような気がします。
なんとなく、でも切実に・・・・

 ただ、表情のパターン云々の前に、そもそもの無表情が
似ないことには始まらないのですが・・・

 でも、まあ、その程度のレベルでもなんとか完成させて、
委託してもらおうと仮作を郵送したところ、
メールで返事返してもらうのですが・・・

 突然のカミナリでルーターが死亡あそばされ
わあ、これはいそいで修理してもらわないと、と。
ケーブルテレビに電話すると、すぐに来てもらえると・・・
折り返し電話があると・・・
五分としないうちに電話がかかってきて
「15分後にはつく」とのこと・・・
しかし、五分もしないうちに到着され、電話してから一時間もかからずに
修理していただけました。本当にすばやい対応有難うございました。


 その間、エロ本隠す中学生のように
同人誌の原稿かたずけるのに必死・・・・・
もう、そのみじめさたるや・・・・ホントに・・・

 ええ、悲劇的でしたとさ。はぁ~。
 

極めて・・・

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 6月19日(金)05時20分21秒
返信・引用
   いえ、わかります。極めてよく・・・というか、
多分わかっている部分もあるんです。

 下ごしらえを手抜きして旨いもん作れるはずもないですから。
基本も出来ていないのに応用きくはずもないですからね。

 それでも、ありふれた料理がありふれた見た目なら
食べてもらえない・・・可能性がたかいんじゃないかなあ。
食べてもらえない料理が旨いというのも・・・

 かといって奇抜なもの作って食べてもらった挙句
あの料理人は最低だとレッテル貼られるのも怖い話・・・

 だから、興味引くほど奇抜で、
かつ旨くなければならないのだろうけれど・・・
 

それでも志ぐらいは……

 投稿者:輝絽リスト  投稿日:2009年 6月19日(金)00時43分9秒
返信・引用
   人間は色々な事に慣れます。数年前まで携帯電話などなくても生きていけたのに、いまでは生きてゆけないという人が大勢いるようです。
 どんなに美味しい料理でも、毎回同じならものばかり食べていると飽きます。
 だからメニューを増やさないといけない、という事にもなるのですが、天才ならいざ知らず、一つのことに集中して極めるような凡人に、色々なメニューを、というのは無茶な話。
 そりゃ塩・しょうゆ・味噌・チャーシュー麺……という味のバリエーションは増やせても、ラーメンと蕎麦、うどん、パスタ……というメニューを増やすのは、逆に本来の味すら落とす結果になる可能性が高い……
 料理の基本がしっかりしていれば……なんでもいけそうな気がしますが、多分それは家庭料理の話でしょう。出ないと修行する意味がないのですから。
 でも、一定の客を掴んで他は切り捨てるか、欲張って能力の限界を信じて挑戦するか……
 理想は後者。でもより確実なのは前者。

 私も自分を過大評価し、いろんなジャンルに挑戦しましたが、今読み返すと結局それもこれもが中途半端……
 そして堕落の末には、割と得意なもの意外は書けそうもない、書く自信が出てこない…… 文学には文学の、SFにはSFの、ミステリーにはミステリーの料理方法がある。
 SFにミステリーを持ち込んでも、余程筆力がないと、どっちつかずの駄作になる。それぞいれには暗黙の了解があるのですから。
 それでもSFの世界感のミステリー、ミステリー要素のSF……今ではさほどでもないが、すこし前なら目新しい切り口だったかもしれない。
 少し前の時代小説ブーム、80年代のSFブームなど、流行に乗っかり多くの作家が畑違いの分野に進出した。その結果、もちろん秀作も多いが、駄作も多く……それが活字離れに繋がったという説もある。
 時代小説を例に挙げれば、考察が足りない事もありますが、現代小説のノリで時代小説を書くからでしょう。
 ガンダムUCを、福井晴敏先生が書く、というのも確かに畑違いでしょうが、戦争モノに定評があり、考察をしっかりと固めなければ書かない、という福井先生ならばこそ、下手をすれば原作のあの人より考察がしっかりしていて読みやすいのでしょう。
 ですが東野圭吾先生が書くとなれば……
 どんなに筆力があっても、全く違う分野のものはなかなか書けるものではないのです。
 特に未熟ならばこそ、一点集中しないといけない……そう思うきょうこのごろです。
 奇抜で新しい発想、それに頼っていては、いつか息切れするのではないかと……そんなきばつで目新しいモノをポンポン作り出せるはずないのです。
 確実に基本を押さえて、まずは基礎力を固めるように書いていこうと思うのですが、それでも志ぐらいは高く、奇抜で新しい作品を作りたいものです……

 あと、失敗はドブになど捨てられず、確実に自分の肥やしになっていますよ。それが直接ではなくても、間接的な結果としても。
 だからこそ成功するまでがんばらないといけないのかも知れません。見えないだけで、つぼみはもう開きかけている……かもしれないのですから。

 ……毎度のことですが、悪い癖で何をいいたいのか分からなくなってきました。
 すいません……
 

負けたか・・・

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 6月18日(木)05時37分39秒
返信・引用
   なんというか、料理できない、したことない人ほど奇抜な難しい料理に
チャレンジしてデンジャラスな個性的な仕上がりになる反面、
料理できる人は料理できることで小さくまとまりすぎるきらいがある。と。

 「バラエティ番組で餃子だされても・・・」
せめて中身唐辛子にするとか、餡子いれるとか・・・ただの餃子だされて
どうリアクションすればええねん・・・

 結局、料理できる人は冒険しない。いつもやっているようにやるわけです。
だから失敗もないかわりに大絶賛もない。
挽肉の代わりに松坂牛塊で入れてもいいわけです。フカヒレ入れてもいいわけです。
コスト計算する必要があるわけでもないのですから・・・
逆にザザ虫入れてもいいわけです。ハバネロ入れてもいいわけです。
普通に喰えるよりはインパクトあった方がいいわけですから・・・
不味くなることを恐れて冒険しなければ、その味はそのまま変わらない。
バラエティ番組であることを置いておいても。

 しかしながら、例えばラーメン屋さんって、
「あそこおいしい!」となると駐車場の留め様もないほど混み合い
毎週二回必ず通うほどのリピーターになるような方まで数多く生み出し、
結果として、同じ味のままでは三年と持たずに飽きられる・・・
常に進化をもとめられる。そんな部分がある気がします。

 対して、蕎麦屋さんって、駐車場が大晦日は別にして
留められないほど混むことがない代わり、月一回とか、二、三ヶ月に一回
あそこの蕎麦が食いたい・・・そんな感じではないでしょうか。
しかも、ラーメンと違い、味が変わらないことが求められている部分もある。
永遠のマンネリのような・・・

 正直言えば、多くの人が一発屋で終わる可能性が高いラーメン屋より
蕎麦屋の方が理想だとは思うんですよ。

 評判となれば混み合い、息つく暇もないほど忙しく汗だくで利益もでるが
ごっそり税金も持っていかれるラーメン屋。
息つく暇もないほど忙しいのは大晦日ぐらい・・・の蕎麦屋。
酒も置いていないのに、泥酔した客が〆にやってきて居座られるラーメン屋。
九時には閉店するのに酒売って、泥酔するほど呑んだ日には料金がかさむ蕎麦屋。
チャーシュー麺なんて利益率一番低いのに一番注文されるラーメン屋。
カマボコ三切れでラーメン一杯くらい金取れる蕎麦屋。

 変わることが求められる部分、変わらないことが求められる部分。

 だから、出来れば冒険せずにすむ圧倒的な流行り廃りでさびれない
変わらないことが求められるほどの腕をもてればいいのでしょうが・・・

 成功するまでやらなきゃ数多くの失敗をどぶに捨てることになりますからね・・
本当につなげたいです・・・
 

(無題)

 投稿者:輝絽リスト  投稿日:2009年 6月15日(月)23時41分29秒
返信・引用
   未熟というのは、技術云々以上に、今現在の自分の能力や限界を見極められないことなのかもしれませんね…… だからこそ目先の変化にとらわれ、うっかり奇抜な方向に走りそれをソレを斬新だと勘違いしてしまう。
 ……たまにソレが運良く成功したりする場合があるのが、怖いのですが……

 失敗は成功の母……その言葉を信じて、失敗を先に繋げていきたいものです……
 

13日の土曜日か・・・

 投稿者:[Y]  投稿日:2009年 6月13日(土)05時07分11秒
返信・引用
   とあるバラエティで、芸人さんが料理を作り、芸人さんに食べてもらうのですが
まあ、料理したこともないという芸人さんが多いのか、
牛乳入れて煮ただけでホワイトソースのつもり・・・なんでしょうか?
いや、ただの熱い牛乳でしょう・・・それ。

 なんというか料理したこともない人ほど「ビーフストロガノフ」だ「パイ包みシチュー」だの、
難しい料理に挑戦し、なおかつ独創的なオリジナル要素をいれようしているようにみえます。

 ところが、当然の帰結として、そもそも簡単な料理すらできない素人に難しい料理、
日頃使ったこともない材料わざわざ使いオリジナリティ出そうとしても
出せるはずもなく、そもそも食べられるものにすらならない・・・

「食えるか!こんなもん!」「中、生・・・火通ってない」

 ありふれた材料、日頃使い慣れた材料で何度も料理したことのある「餃子」や「ハンバーグ」
作ったほうが、それは食えるに決まっている。

 料理なんだから、独創性だ何だいって難しい料理に挑戦して、不味いより
例え単純で簡単なありふれた料理でも、そりゃ旨い方が良いに決まっている。

 これは料理だけでなく、創作全般にいえることでしょうね。
描いたこともない難しい構図の絵よりは、描きなれた構図の方が無難ですし、見れるはずです。
ありふれた三角関係や、思春期を題材にした方が無難ですし、第一説明不要で伝わるはずです。

 でも、ありふれているし、しかも自分より遥かに上手に調理する人たちで満ち溢れているわけです。
同じありふれた構図でも、その絵の上手さは天と地ほども違うわけです。
同じありふれた三角関係を題材としていても、その細部の表現は次元が違うわけです。

 となると、味そっちのけで奇抜さを求めて、オリジナル創作料理に活路を見出すしか・・・
ないわけです。


 が、バラエティであれば、旨いよりも・・・不味いが正解である場合も少なくないはずです。
「ドックフードのソテー ~南プロバンス風~」
ヘルシーブームを意識して低塩ドックフードを利用してみました・・・

 が、正解かもしれないじゃないですか・・・はは、はぁ~。
 

レンタル掲示板
/4