teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


 投稿者:くろがね  投稿日:2011年 6月17日(金)04時25分51秒
  いつまでも
ここに踏み止まっていては
いけない。

深い闇に飲まれてしまう。

何度もそう
言い聞かせていたのに

私はここから
動けずにいます。

どこに居ても

誰と居ても

孤独から逃げ出す事ができず


心は貴女を求めている。
 
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2011年 5月20日(金)23時58分14秒
  こんなにも
僕は汚れてしまっています

もう、誰からも愛される事はないのでしょう

こんなにも
人を傷つけて

僕はもう駄目になってしまいました

それでも
独りで生きるには
寒すぎる世界だから

僕はまた
温もりを求めてしまう。
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2011年 5月20日(金)23時53分0秒
  誰も居ない
夜の公園

外灯は僕の影だけを
浮かび上がらせる

このまま独り

誰にも知られる事なく
消えてしまえたら

どんなに楽だろう

そんな事ばかり考える。。


そうなれば
もう、誰も傷つけずに
誰からも傷つけられずに済む

僕はもう疲れてしまった

いつか消えてしまおう

今すぐには出来なくても
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2011年 4月28日(木)02時40分59秒
  あれからどれだけの昼と夜を繰り返したのだろう
あの日
僕は全てを失い
あの日
僕は魂の片割れを無くした

ぽっかりと空いた胸の穴

そこにはもう何もない
それを埋める事はもう出来ない

僕にはもう何もない
ただ、ここに居るだけ
それだけの物
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2011年 3月 9日(水)01時42分33秒
  忘れようとすれば
尚更に思い出す

ふとした瞬間に

脳裏を掠める

君の声
君の仕草

心のずっと深い所が

君を求め
悲鳴を上げる

あの時
僕の時間は止まり

立ち止まったまま
踏み出すことを出来ないでいる

道を見失い
途方に暮れる

君はもう
僕の事なんて思い出すことさえ
ないのだろうけど
決して消えない痛みが
君を忘れる事を阻むから

このまま此処に居ようと思う

そうして時間を無駄に過ごす事が
償いになると信じて
 

闇に沈む

 投稿者:白銀  投稿日:2011年 2月17日(木)02時21分42秒
  心のずっと深いところに
仕舞い込んだ

二度と思い出すことのないように
思い出せば
心が壊れてしまうから

けれど、忘れる事なんてできないんだね

今の僕は弱いから

思い出すことよりも

忘れてしまうことの方が怖くて

それでも、思い出すと涙が零れる

もう、壊れてしまっているのかな
きっとあの日、僕は壊れたんだ

だから、こんなにも君が愛しくて
深い闇に落ちてゆく
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2010年 9月 3日(金)01時05分29秒
  独りになると思い出す

君の事

今も覚える

君の声

君の仕草

君の笑顔

君の温もり

その優しさを


遠く離れて

時が過ぎて

それでも、僕の中に君が居る


独りになると、振り返る

あの日

あの夜

強く抱き締めて

確かめあった、二人の愛を

きっと、君の中では
もう終わった事

けれど、僕には長すぎました。

今も、君を愛しています。
 

(無題)

 投稿者:白銀  投稿日:2010年 9月 3日(金)00時56分55秒
  今の君は
何を見て
何を思っていますか?

遠く離れたこの空と
同じ星が見えますか?

もう、決して会う事はないのだろうけど
どうか、幸せで居てください


今の君は
誰かの腕の中
安らかに
夢を見ていられますか?

その幸せは、僕が貴女にはあげられなかったけれど
どうか、穏やかに
健やかに居てください

貴女を想う僕の気持ちは
今も変わらず
ここにあるけど

だから、どうか
幸せでいてください。
 

過去…マボロシ

 投稿者:白銀  投稿日:2009年12月23日(水)01時53分51秒
  ずっと囚われていたのは
僕だったんだね。

愛を歌った君はもう居ない
未来を望んだ貴女はもう居ない

全ては、僕自身が招いた結果なんだね

思い出すと、心が痛む
振り返ると、涙が溢れる

僕はまた立ち止まってしまうのですね
 

(無題)

 投稿者:るか  投稿日:2003年 7月26日(土)13時56分32秒
  君と出会い・・
僕は救われて・・
運命だと信じている・・
惹かれ会う運命・・
暗闇をさまよい・・
死んだように生きて・・・
一人佇んでいた・・
もう誰も信じないと・・
そう心に決めたのに・・
僕は君に出会い・・
変わっていった・・
君の愛に包まれて・・
生きていたいと願う・・
君と二人・・
ずっと・・
一緒に・・
 

レンタル掲示板
/5